低用量ピルの効果がすごい

低用量ピルは、正しく使用することでほぼ100%の避妊効果が得られます。コンドームは正しく使用しても1年間で15%程度は妊娠するため、低用量ピルの方が確実性が高いです。また、現在の低用量ピルには、身体に影響がでる最低限の量の女性ホルモンが含まれているため昔のピルに比べると非常に安全になっています。
低用量ピルによる避妊効果は、排卵の抑制、子宮内膜が厚くならない、膣内の粘液が減少し粘性もあがることによって得られます。コンドームは男性主体の避妊方法ですが、低用量ピルであれば、女性主体で確実な避妊が可能になります。ただし、低用量ピルだけでは性感染症の予防はできないため、コンドームと併用することで、避妊と性感染症予防の両方ができるようになります。
避妊効果以外にも月経関係に効果があります。まず、生理周期が28日程度で安定します。1ヶ月以上前から調整すれば、簡単に生理時期をずらすことも可能になるため、仕事や旅行、受験などの予定が立てやすくなります。また、子宮内膜が厚くならないうちに生理が始まるため、出血量が減り、貧血が改善されます。子宮内膜には子宮収縮を促す物質が含まれていますが、子宮内膜が厚くならない生理が始まることで子宮収縮を促す物質の量も減るため、生理痛も改善されます。痛みをとるだけの鎮痛剤とは異なり、根本的な治療となります。低用量ピルを使いながら鎮痛剤を併用することもでき、鎮痛剤の使用量を減らすこともできます。
低用量ピルに含まれる女性ホルモンの影響によりホルモンバランスが整います。肌の状態には、女性ホルモンが大きく影響しているため、にきびや吹き出物が減るなど肌荒れ解消にもつながります。
★副作用などが出にくい超低用量ピル
ヤーズ

ページトップへ