低用量ピルとカロリーと子供について

低用量ピルは、避妊のためのお薬というイメージが大きいとともに、月経困難症など、生理痛で悩む女性にも処方されるものです。

低用量ピルを飲むと、上記のような月経困難症が治ることがあります。

今までひどかった生理痛が、低用量ピルを飲んだ結果、なおった、会社などにもしっかりと行けるようになった、そのような事実がある一方で、体質によっては、体に合わないため、またはほかに飲んでいる薬との関係から、逆に低用量ピルを飲んで、具合が悪くなってしまう人もいます。

低用量ピルを飲むと、食欲がなくなり、カロリーが高いものを食べても痩せやすくなる!またはカロリーが高いものを食べたくなくなる、食欲がぐーんと減り、ダイエット効果が期待できる、そのように考えておられる方がいますが、実際にはピルでダイエットが出来る、ということはありません。

逆に、低用量ピルを飲んだ結果、太ってしまった、カロリーが高いものを食べ過ぎてしまった…その結果、低用量ピルには太いやすい作用があると考えている方もおられますが、どちらも、個人差があり、また、医学的にはどちらも低用量ピルによって、体重の増減の関係はないとされています。

子供さんの場合、特に思春期の女の子の子供さんの場合には、このようなカロリー、やせるもの、というイメージをピルに持ってしまうと、どうしても飲みたい!と考え、いろいろと考えてしまいがちですが、それはとても危険です。

上記のように、月経困難症の人が飲む時でさえ、とても細かい指導があり、飲む際の注意点や数、時間なども決まっています。

そのため、子供さんがどうしても飲みたい!と思った場合でも、上記のようなことからとても危険であるため、注意が必要です。

ページトップへ