低用量ピルは外来で処方してもらうのが良いわけ

低用量ピルとは経口避妊薬とも呼ばれていて、排卵を抑制するのでコンドームよりも高い避妊効果があります。成分はエストロゲンとプロゲステロン類似ホルモンを含んでおり、これらの作用で脳下垂体は妊娠したと勘違いします。そのため排卵を促すLHというホルモンが分泌されなくなり、排卵がストップします。ピルの服用を止めれば、脳下垂体は再び卵巣を刺激して排卵を促すようになります。

また低用量ピルは避妊以外にも副効果といって、子宮内膜症の治療や、生理不順、PMS(月経前症候群)、大人のニキビ、生理痛といった様々な症状を緩和させる効果があります。

低用量ピルは婦人科外来で問診と簡単な検査で処方をしてもらうことができます。今は通販で安く購入できるところもありますが、喫煙本数が多い人や高血圧の人など、ピルの服用を慎重に検討した方が良い人もいますので、専門の医師に処方をしてもらうほうが安全です。特に子宮内膜症など体の不調がある際は、必ず外来で医師の診断を受けましょう。

低用量ピルは種類も数多くあり、それぞれ特徴があります。避妊効果はどれも同じですが「オーソM」は生理痛の緩和と精神的安定に効果的ですし、「マーベロン28」は大人のニキビに効果的など、副効果の効き目に差があります。
病院によって扱っている薬は異なりますが、ピル専門外来のあるクリニックなどは、取り扱っている種類も多いので、自分の希望に合ったピルを処方してもらいやすいです。

また、副効果の差以外にもピルは飲み方によって、21錠タイプと28錠タイプのものがあります。21錠タイプは7日間の休薬期間があり、28錠タイプには有効成分の入っていない薬が7錠入っています。飲み忘れの心配がある人は28錠タイプを選ぶと良いでしょう。一番自分に合った低用量ピルを選ぶためにも、きちんと外来を受診することをお勧めします。

ページトップへ