大きい低用量ピルと用途について

低用量ピルは、月経困難症の患者さんや、更年期障害の患者さんなど、たくさんの人に使われているものです。

また、低用量ピルには大きいものと小さいものがあり、大きいものは、用途によって異なりますが、避妊のために使われることがあります。

低用量ピルにも大きい、小さいという違いがあり、個人の体に合わせて、合う低用量ピルや用途によっても、それぞれの大きさは異なっているため、低用量ピルが必要な場合は、産婦人科や婦人科を受診し、自分に合ったピルのサイズなどの説明を受ける必要があります。

上記のように、低用量ピルは、辛い月経困難症を治してくれるだけでなく、更年期障害、または子宮内膜症などの改善にも使われる用途があります。

とてもいろいろな用途があり、また、月経困難症を改善するために、低用量ピルは産婦人科の先生から処方がされることがありますが、個人差があるため、ピルが体に合う、合わないといった症状がでます。

合う場合には、そのまま、飲み続けることで、辛い生理痛、月経困難症を乗り越え、快適に生理の時にも日常を過ごすことができますが、逆に、ピルが体に合わない場合もあり、そのような場合は、急に吐き気やめまいなどが出てしまうことがあるため、迅速に、処方をしてくれた医療機関の先生に相談を行うべきとなっています。

仮に、体に合わないまま飲み続けてしまうと、本人が苦しいだけでなく、場合によっては、よくないことも起きてしまうため、必ず、医師の先生に相談を行うことで、使用を中止したり、用途について説明を受けましょう。

また、用途については、厳しい決まりなどがあるため、それらにも十分に注意をしながら、飲み続けることや管理が必要です。

ページトップへ